開発・生産プロセス革新

目的 解決事例・ソリューション
  • ラピッドプロトタイピングを実現したい
  • 短期間で試作、サンプルを作成したい
  • 樹脂型で高精度の試作・成形品を作成したい

モールドロック®で、多種多様な試作を最短4日・低コストで実現

モールドロック®のラピッドプロトタイピング

  • 多品種・少量生産をコンパクトに実現したい

構成モールドロック®X-801U/X-801M

  • 小型で卓上・家庭用電源で動作可能なモールドロック®は、省スペースで自由度の高い設置・作業が可能。静音で成形工場特有の臭いも抑えられるので、空きスペースを有効活用できます。
  • 最大吐出量70ccで多くの樹脂や成形・接合に対応可能なため、ミニマルかつ柔軟性の高い多品種・少量生産環境を、モールドロック®1台で実現します。
  • イニシャルコストや金型・パージ樹脂等のランニングコストも大幅に抑えることが可能なため、物理面のみならずコスト面でもミニマル化を実現。省エネで環境負荷も少ないため、コストダウンだけでなくSDGsへの取り組みにも貢献します。
  • 在庫を持たず、補修部品の簡易少量生産をしたい

構成モールドロック®X-801U/X-801M

  • 超小型射出成形機モールドロック®の活用により、在庫を抱えず需要に応じて必要な量だけ作成するオンデマンド少量生産を、卓上・省スペースで簡易に実現。
  • 金型も手のひらサイズで済むため、金型自体のコストダウンに加え、金型の保管スペースも大きく圧縮。長期保管が容易に。
  • 樹脂・金型交換から成形まで、1時間程度で済ませることも可能。1ショット目から高品質な成形が可能なことに加え、自動駆動モデルX-801Uなら射出を自動化できるため、低コストで効率よく需要に応じた少量生産が可能です。
  • 幅広い樹脂に対応しているため、将来的な種類増も見据えた多種類の補修部品等に対し、柔軟に対応できます。
  • インライン成形の自動化をしたい
  • 生産ラインでの主要部品を内製化したい
  • 生産ラインで樹脂部品を自動成形したい
  • 生産ラインでロボット射出成形をしたい

生産用モールドロック®で、生産の内製化・生産ライン革新を実現

  • 生産ライン近くでジャストインタイム自動成形
  • 生産ライン内への組込み自動成形

モールドロック®の自動生産活用

  • 大型成形機と併用して多色成形したい

構成大型成形機+モールドロック®X-801シリーズ

  • 既存の大型成形機とモールドロック®を併用することで、多色成形機を購入することなく、多色成形を実現。
  • 金型コストは多色成形機の1/5以下になり、ランニングコストも大きく抑えることが可能です。
  • 多色成形に限らず、その他二次成形にも応用可能です。
  • 手軽に効率よく少量生産したい

構成モールドロック®X-801U(自動駆動モデル)

  • モールドロック®の自動駆動モデルX-801Uを活用することで、手軽に射出の自動化を実現。大がかりな設備やスペースを必要とせず、少量生産の生産性を高めます。
  • 樹脂・金型の入れ替えが容易な上に、5つの連続動作をプログラム可能なので、複数の成形品への対応も容易です。

X-801Uを活用した繰り返し成形

新樹脂・製品・用途研究開発

目的 解決事例・ソリューション
  • 高機能樹脂・特殊樹脂を簡単に成形したい
  • 限られた量の樹脂(少ない樹脂)で試作したい
  • モールドロック®の活用により、スーパーエンプラ等の高機能樹脂やCIM、CFRTP・GFRTP等の特殊樹脂等、成形の難易度が高い樹脂の成形も卓上で簡易に実現。試作のハードルを下げ、研究開発を加速させます。
    対応樹脂一覧
  • 1kg以下で樹脂替え可能なことに加え、ランナーレス・1ショット目からの高品質な成形が可能なので、高価な高機能樹脂や限られた量の樹脂のロスを大幅カット。型や電気代等のコストも抑えながら、効率よく試験片の作成・試作へのトライを実現します。
  • 複数の樹脂を手軽に試したい
  • 多様な樹脂の試験片を簡易に作成したい
  • モールドロック®は、汎用樹脂から高機能樹脂、エコプラスチックまで、様々な熱可塑性樹脂に対応しているため、形状だけでなく、実際の樹脂を使った試作や試験片の作成が可能です。
    対応樹脂一覧
  • 卓上で使える超小型射出成形機なので、樹脂や金型の交換も容易。また、自動駆動モデルX-801Uを活用することで、試験片のような同じ型を使う繰り返し成形を容易に実現。多様な樹脂を効率よく試すことができます。
  • 小型・省スペースで70ccまでの多様な樹脂に対応する高いフレキシビリティーに加え、電気代や金型・パージ樹脂等のランニングコストも大幅に抑えることが可能なため、より多くの試作・成形を必要とする現場で優れたコストパフォーマンスを発揮します。
  • 異種材を含めた様々な成形・接合を手軽に試したい
  • モールドロック®を活用することで、樹脂単体の成形だけでなく、異なる樹脂素材や樹脂と異種材の成形・接合の容易な試作を実現。多様な樹脂との組合わせにより、試作の幅・ものづくりの可能性を広げ、研究開発力・技術力向上に貢献します。
  • インサート成形も、低圧成形のモールドロック®なら簡易に実現。樹脂で異素材を接合させることにより、素材ごとの特性を生かした高機能化やコスト削減が可能になります。また、樹脂で封止することで、絶縁・防水・防塵・防湿・耐衝撃等が可能になり、品質向上・製品競争力向上に貢献します。
    接合・成形例
  • 環境にやさしい樹脂を使いたい
  • 環境にやさしい樹脂を開発したい
  • 材料をリサイクルしたい
  • モールドロック®は、CNF樹脂やバイオプラスチックをはじめとするエコプラスチックの成形にも対応。卓上で、また、少量の樹脂で簡易に試せることに加え、型コスト等も抑えられるため、研究開発の促進を実現。
  • 高価な樹脂・特殊な樹脂のリサイクル活用も可能。樹脂リサイクルに取り組む研究開発にも貢献しています。

高度成形技術活用・品質向上

目的 解決事例・ソリューション
  • 完全溶融樹脂を活用したい
  • モールドロック®で溶融した樹脂は、ボイドがなく、より薄く、より精緻な成形が可能。流動性が高いので、より低圧での成形を実現します。
  • また、本体は小型軽量なため、卓上での活用はもちろん、ロボットアームに装着可能な生産設備モデルもラインアップ。研究開発から生産まで、多様なシーンでの活用が可能です。
  • モールドロック®のこれら特性から、従来にはない分野への活用、従来の常識を変える高精度成形や開発・生産プロセスの構築、共同研究による新たな技術開発・製品開発等を実現。ものづくりの可能性を広げ続けています。
  • 樹脂型の耐久性を向上したい
  • 低コスト・低強度な型素材も活用したい
  • モールドロック®で溶融した樹脂は低圧成形が可能で、これまでの常識を変える樹脂型の耐久性大幅向上を実現。従来機だと数ショットで壊れてしまうようなケースにおいて、モールドロック®は1,000ショット達成の実績があります。
  • 高精度の樹脂型と組合わせることにより、金型同等の高精度な成形も実現。試作はもちろん、多品種少量生産まで、短期間・低コストで可能になりました。
    精密樹脂型による高精度ラピッドプロトタイピング
  • 低圧成形なため、樹脂以外の低強度な型素材の活用も可能。低コストで加工しやすいアルミ型等が活用されています。
    以下は、ガラス型を併用した樹脂流動の可視化実験動画です。
  • ウエルドレス成形をしたい
  • より精緻な成形をしたい
  • ボイドがなく流動性が高いモールドロック®の溶融した樹脂は、ウエルドの発生を抑制。ゲートの状況にもよりますが、特別な装置なしでウエルドレス成形を実現可能です。
    ウエルドの抑制により、外観や強度等の成形品質の向上、成形不良品の削減に貢献します。
  • 長繊維樹脂の強度をアップしたい
  • 繊維が切れにくいモールドロック®のスクリューレス溶融・射出成形により、長繊維が破断しないため、樹脂の大幅な強度向上を実現。成形品質の向上、製品の高付加価値化に貢献します。

コストダウン・環境負荷低減

目的 解決事例・ソリューション
  • 本気でCO2削減に取り組みたい
  • 開発環境も含め、SDGsへの取り組みを推進したい
  • モールドロック®は、型締め力100tクラスの成形機と同等の射出成形を可能としながら、家庭用電源で動作可能なほど省電力。電気代1/10以下での運用が可能であり、コストダウンだけでなくCO2削減にも大きく貢献します。
  • 冷却に水道水を使わないだけでなく、少量での樹脂替えや1ショット目からの高品質成形が可能なため、素材のロスも含めて環境負荷低減を実現します。
  • また、モールドロック®は、静音で成形時のガスや臭いの発生も抑えられます。エコプラスチックの成形や樹脂リサイクルにも活用されており、人にも環境にも優しいエコプロダクトとして、研究開発現場のSDGs適性向上やサステナブルな商品開発の推進にも貢献します。
  • 金型コストを下げたい
  • 超小型射出成形機モールドロック®は、卓上で型締め力100tクラスと同等の成形まで可能な低圧成形を実現。
    これにより、金型の小型軽量化・長寿命化、型素材の低強度化が可能になり、低コストな樹脂型・アルミ型等の活用も含め、従来比1/5~1/10と大幅なコストダウンを可能にしました。
  • 型素材の自由度が高まったことで、型の内製化を含めた型製作の大幅な期間短縮が可能になり、開発スピードも向上。低コストで迅速な製品開発、アジャイル開発の実現にも貢献します。
  • なお、型の低強度化・コストダウンを実現しつつ、精度や耐久性を兼ね備えることも可能です。
    精密樹脂型による高精度ラピッドプロトタイピング
  • 成形機の運用コストを下げたい
  • モールドロック®は、少量での樹脂替え・ランナーレス成形・1ショット目からの高品質な成形が可能なため、樹脂の様々なロス削減を実現。パージ樹脂においては1/4以下と、大幅なコストダウンを可能にしました。
  • 家庭用電源で動作可能なほど省電力であり、電気代・水道代においては1/50以下を実現。
  • 本体および金型の小型軽量化により、金型の保管スペースも含めて大幅な省スペース化を実現。また、省電力で静音・無臭なため、設置場所の確保や整備も含めてコストダウン・効率的な運用が可能です。

モールドロック®の購入・デモ・試作等、お気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社ジェーエヌエル CiC事業部 
TEL:03-3297-3551
FAX:03-3297-3553
E-mail:centinno@centinno.co.jp

※株式会社ジェーエヌエルは、センチュリーイノヴェーションのパートナー企業です